Art for ALL 国境なき美術展-すべての人に芸術を-:日本画家 近藤幸夫

Art for ALL 国境なき美術展-すべての人に芸術を-:日本画家 近藤幸夫

芸術は何のために、誰のために

芸術は何のために、誰のために

テロ事件や難民のニュースが毎日のように伝えられヨーロッパでは混乱と対立が続いています。難民は6000万人を越え、今、世界中の人々に何をすべきかが問われています。
芸術に出会い、人は時に生きる希望を見出すこともあります。

医療を受けられない人へ医療を届けるように、あらゆる状況の人たちへ芸術への機会を創るプロジェクト「 国境なき美術展 "すべての人へ芸術を Art for All"」が始動します。
ロシアの美術関係者をはじめ学術機関、友人たち、両国の友好機関の協力により、ロシアの4都市の国立美術館・アートギャラリーで2016年9月から開催することが決まりました。
世界での開催の第一歩として準備を進めていますが、プロジェクトの資金が不足しています。
「国境なき美術展 "すべての人へ芸術を Art for All"」の主旨に賛同して頂ける個人や企業からの支援をお願いしています。

発起人日本画家
近藤幸夫

 

 

プロジェクト解説

経緯と目的

「失われゆく人間の尊厳と自然への畏敬」をテーマに制作を続け、2012年からロシア、サンクトペテルブルクの美術館、芸術大学などで展覧会とマスタークラスを行なってきました。児童養護施設の講演で展示した作品に子どもたちが自らを重ね共感してくれたことがこのプロジェクトを考える始まりでした。また、視覚障害のある人が作品に触れ日本画の質感を鑑賞できることを教えてくれました。音のない絵の世界に救われたと話してくれた青年は不安感と幻聴に苛まれていました。医療だけでは治せない病症を緩和し、回復する効果が芸術にあります。澄んだ水や空気のように、芸術はすべての人に身近な存在であるべきだと思います。しかし、世界には芸術に触れる機会のない人たちがたくさんいます。
これまでの経験を基に国境なき美術展“すべての人へ芸術をArt for All”を世界各域で開催することを目指しています。

このプロジェクトの目的は国籍、民族、宗教、文化、障害、地域格差や経済格差など社会状況や自然環境の境界を越え、誰もが芸術を通し理解しあえる機会と社会を作っていくことです。

 

構想

プロジェクトは世界を巡る一回だけの展覧会イベントではなく、多様な芸術活動に発展し継続していくことが重要です。

 

原点

1975年インド、西アジア、中東方面へ1年間旅をしました。貧困、紛争、過酷な社会状況や厳しい自然の中で生きる人々、何の屈託もないように見える子どもたち、旅先で出会った人たちは優しく、瞳の奥に深い憂いと希望の兆しを感じました。
ベトナム戦争が終結し、アジアでは国境を越えて自由に往来できた日々がありました。その後起きたアフガニスタン紛争、イラン・イラク戦争、湾岸戦争・アメリカ・イラク戦争、今日のイスラム国 ISの台頭など、絶えることない戦渦を旅の日々に予測することは出来ませんでした。荒漠たる大地と静謐な古代遺跡、人々の素朴な生活、悠久の時の流れに魅せられ、現実の世界を忘れていたのかも知れません。照れくさそうにはにかみ写生をさせてくれた子どもたちが後に辿った壮絶な人生を思うと、今も胸が詰まりそうになります。旅をした地域はいつか訪れなければならないプロジェクトの目的地であり、そこに生きた人々の希望こそが、国境なき美術展"すべての人へ芸術をArt for All"の原点です。

 

近藤幸夫 略歴

1963年 新潟市に生まれる
1975年 中近東・西南アジア方面 研究取材旅行
1977年 多摩美術大学 絵画科日本画専攻 卒業
1978年 西南アジア・インド方面 研究取材旅行
1979年 多摩美術大学大学院 修了
1980年 渡米、ニューヨーク大学 留学
1983年 帰国、師加山又造の身延山久遠寺天井画「墨龍」 制作助手として参加
1988年 個展初開催  以降個展開催及び国内外各企画展出品多数
2009年 美術全集「日本の美Ⅲ 日本の四季 秋冬」 美術年鑑社発行 作品「凍樹」掲載
2010年 画集・日本の現代作家100「瞳の奥深く」・「自然の響き」藝術出版社発行
2011年~2012年 写生取材エッセイ「氷雪の記憶」新潟日報新聞連載
2012年~ 蔵織日本画塾 伝統技法の解説と実技指導 ギャラリー蔵織 
「荘厳なる自然、日本とロシアの国境を越えて」展 開催 
スモーリィヌイ大聖堂 ロシア連邦 サンクトペテルブルク市
ファンダメンタルスタディ・インターナショナル大学(ロシア連邦)、
オックスフォード教育ネットワーク(英国)、カリフォルニア大学(米国)連合機構会議より哲学名誉博士号を授与
2013年 美術全集「日本の美Ⅴ富士山」 美術年鑑社発行 作品「富士桜」掲載
2014年

「ZooArt国際動物美術展」招待出品 ロシア国立サンクトペテルブルク市彫刻美術館 
個展「自然の響き」開催 ボーリン・アートギャラリー  ロシア連邦 サンクトペテルブルク市
日本画マスタークラス開催

  • ロシア国立サンクトペテルブルク市彫刻美術館
  • ロシア国立芸術アカデミー付属イオガンソン記念芸術学校
  • ロシア国立サンクトペテルブルク芸術産業大学
  • ボーリン・アートギャラリー 
2015年 美術全集「戦後日本美術総集Ⅲ」 麗人社発行 作品「野生の輝き」掲載
フランス美術誌アーティスツマガジン特集
「近藤幸夫・日本画の技法と美意識について」掲載
講演 国境なき美術展"すべての人へ芸術をArt for All"プロジェクト解説
ロシア国立ウラジオストク海洋大学

 

メディア掲載

新潟日報
2016年2月13日 朝刊

新潟日報 2016年2月13日 朝刊

詩人橋本丈(はしもとたける)
論文より抜粋

9千字に及ぶ文章は近藤幸夫の絵画についてだけでなく、
現代の社会を憂い芸術が存在する意味を綴っています。

小さな雪でさえ降り積もれば大地を白く変える様に、人々の精神が変われば世界をも変え得る。そのために芸術は大きく役割を果たすだろう。
芸術は世界を変えることはできないが人々の意識を変えることはできる。人々の意識が変われば世界は変わる。アンドレイ・タルコフスキー監督の映画「ノスタルジア」の最後の場面に私は芸術の存在する理由を見出だす。主人公のアンドレイ・ゴルチャコフはドメニコに村の広い泉を歩いて蝋燭の火を保ったまま向かい岸に置いてくるように託される。主人公は重い心臓の病をもちながらも苦痛に耐え実行する。直後、あまりに美しいラストの場面が訪れる。火を消すことなく蝋燭を置くことで今日の様な危機的状況にある人類を救うことにつながる。そんなことは起こり得ない。それは主人公も承知している。そうであっても、行動に移さざるを得なかった。
詩人は詩人である限り言葉を書き続けなければならない。画家は画家である限り描き続けなければならない。アンドレイ・タルコフスキーは映画監督である限り、映画を作り続けなければならなかった。無論、そんな非力な行為で人類が救われるはずもなく、芸術が本当に届くこと届く人も少ない。環境破壊も戦争も止められない、悪意ある権力に傷一つも付けられない。 必ずその岩は落ちるのに岩を転がし、上へ上へと持ち上げ続けるシューシュポスの如く。さいの河原で崩れることを知りつつ、石を一つ一つ積み上げ続ける如く。それでも芸術を続けなければならない。
(中略)
近藤幸夫の絵画は決して、声高に、ありとあらゆるこの世界の不正に対し、抗議を示したりはしない。明らかに反体制を訴えるような荒ぶるものは描かれていない。表面に直ぐそれとわかる様に描かれていないだけで、必要のない物が削ぎ落とされた美しさの奥に画家の静かな情熱が音をたてている。世界を常に見つめる瞳がある。まるで鞘から抜かれることのない美しい日本刀の様に。世界の現在、未来を静かに見守っている。その精神の在り方を私はとても美しく思う。

2013年11月27日
詩人 橋本 丈

毎日新聞
2013年10月1日

お問い合わせ

国境なき美術展"すべての人へ芸術をArt for All"プロジェクトは、皆さまからのご協力・ご協賛を広く募集しております。
お問い合わせにつきましては、メール・お電話で受け付けております。

お電話でお問い合わせ
〒951-8062
新潟県新潟市中央区西堀前通1-700
ギャラリー蔵織 内
Art for All 開催実行委員会事務局
TEL 025-211-8080
メールでお問い合わせ
*クリックでメールソフトが起動します
info@art-fa.com

 

 

ページの先頭へ戻る